富山商業高校三年の双子の陸上競歩選手が二十九日、射水市役所で夏野元志市長に全国大会の優勝を報告した。

 兄の山本龍太郎選手(18)と、弟の真二郎選手(18)=いずれも同市太閤山。龍太郎選手は先月の「希望郷いわて国体」陸上少年男子共通5000メートル競歩を大会新記録で二連覇。真二郎選手は今年七月の全国高校総体で、陸上男子5000メートル競歩を大会新記録で優勝した。

 両選手は十二月二十五日に京都市で開かれる全国高校駅伝競走大会に出場予定で、夏野市長は「活躍を期待してみんなで応援している」と激励。二人は「少しでもチームに貢献できるよう頑張りたい。四年後の東京五輪を目標に練習していく」と...    
<記事全文を読む>