男子第65回、女子第27回東海高校駅伝は27日、岐阜県庁―羽島市往復コースで行われた。7区間42・195キロの男子は豊川(愛知)が2時間6分45秒で優勝した。全国高校駅伝(12月25日・京都)に出場する浜松商は豊川と25秒差の2時間7分10秒で2位。浜松日体が3位だった。  5区間21・0975キロの女子は土岐商(岐阜)が頂点に立った。県大会を制した島田は1時間10分49秒で県勢トップの4位。5位に入った常葉菊川の1区(6キロ)で鈴木颯夏が19分14秒の区間新記録をマークした。  男女とも各県大会の上位6校が出場した。

...    
<記事全文を読む>