第63回男子、第23回女子四国駅伝大会(四国陸上競技協会、愛媛新聞社など主催)は20日、香川県坂出市の番の州公園前特設コース(男子42・195キロ、女子21・0975キロ)で各県の選抜チームが競う一般男女(ともに5区間)と高校駅伝県予選の上位による高校男女(男子7区間、女子5区間)を行った。愛媛勢は高校男子の松山商が準優勝し、高校女子で県予選2位の聖カタリナ学園が3位に入った。一般男女はともに準優勝した。

...    
<記事全文を読む>