男子第69回・女子第28回全九州高校駅伝競走大会は19日、長崎県の雲仙小浜マラソンコース(男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロ)であった。男女各24チームが出場。県勢は男子の東明が2時間7分34秒で初優勝し、男子の鶴崎工と女子の大分西が共に6位入賞した。

 男子の東明は4区ベヌエル・モゲニ(1年)が区間賞の走りで9位から一気にトップに立ち、後続が引き離してトップフィニッシュした。鶴崎工は1区で小野知大(2年)が区間賞を獲得し、流れをつくった。

 女子の大分西は1区の工藤杏華(3年)が4位発進し、1時間10分4秒の好タイムで入賞した。後半独走、全国手応え 男子の東...    
<記事全文を読む>