男子第69回、女子第25回関東高校駅伝は19日、群馬県伊勢崎市陸上競技場発着とする周回コース(男子=7区間42・195キロ、女子=5区間21・0975キロ)に関東1都7県の予選を勝ち抜いた男女各48校が参加して行われ、埼玉県勢では女子で初の全国大会出場を決めている本庄東が1時間11分20秒で10位。男子は県予選を7年ぶりに制した武蔵越生が2時間8分9秒で12位に入ったのが最高成績だった。

  そのほか県勢は、男子は花咲徳栄が14位、2区まで3位と健闘した東農大三が15位、松山が26位、坂戸西が37位、初出場の聖望学園が42位。女子は昌平が15位、埼玉栄が22位、県6位通過だった坂...    
<記事全文を読む>