第20回県高校陸上競技選手権大会最終日は13日、佐賀市の県総合運動場陸上競技場で男女22種目の決勝などがあり、男子5000メートル競歩は山下尊士(鳥栖工)が大会新の21分56秒23で優勝した。女子の同種目も渡辺夕奈(清和)が27分29秒48の大会新で制した。

 女子200メートルは白石実里(佐賀北)が25秒13、同ハンマー投げは川崎可連(唐津青翔)が35メートル66と、それぞれ大会記録を更新して優勝。七種競技では砲丸投げで中村真奈美(佐賀北)が12メートル40の大会新を記録した。

...    
<記事全文を読む>