男子の浜松日体は3位と昨年より順位を下げたが、2、3区で区間賞を獲得するなど健闘した。「チームのために無我夢中で走った結果」と話すのは2区の松葉。昨年も同区間を走ったが、上り坂で後続と差を詰められるなど苦戦した。だが、今年は粘り強い走りを見せた。北條監督は昨年の大会後から指導体制を見直し、選手たちで練習メニューを主体的に考える方針に転換。一人一人に「勝ちたい」という意識が芽生え、チーム全体に良い雰囲気が生まれた。  3区で加藤学園を抜いて順位を一つ上げた2年の太田や1年でアンカーを務めた鈴木創など有望株が残る。北條監督も「出場していないが力のある1、2年も多い。チームとしてまだ...    
<記事全文を読む>