全国高校駅伝の予選を兼ねた県高校総体(県高体連など主催、山口新聞社共催)の駅伝競走大会は6日、山口市阿知須のきらら浜駅伝コース(男子7区間42.195キロ、女子21.0975キロ)であり、男子は西京が2時間9分01秒で24年連続29回目の優勝、女子は中村女子が1時間12分21秒で8年ぶり3回目の優勝を果たした。34チームが参加した男子は西京が1区の谷村龍生が先頭に立つと2区以降の選手も堅実な走りでつなぎ、逃げ切った。2位は3区・北村歩夢の5人抜きで浮上した豊浦、3位は4区・樽床慧人が3人抜きを見せた宇部鴻城だった。序盤から上位につけた美祢青嶺と高川学園が4、5位、6位には7区間と...    
<記事全文を読む>