男子第71回兵庫県高校駅伝(神戸新聞社後援)は6日、篠山市の大正ロマン館前から篠山鳳鳴高までの男子7区間42・195キロであり、西脇工が2年ぶり24度目の頂点に立った。西脇工は兵庫代表として全国高校駅伝(12月25日・京都市)に出場する。2連覇を狙った須磨学園は2位だった。報徳が3位に入り、4位飾磨工、5位川西緑台、6位市西宮の以上6校が近畿大会出場権を獲得した。

...    
<記事全文を読む>