沖縄県高校総合体育大会の駅伝(男子第64回女子第34回)は4日、今帰仁村運動公園付帯公認マラソンコース(男子42・195キロ、女子21・0975キロ)で行い、女子は那覇西が1時間20分08秒で初の栄冠を手にした。男子はコザが2時間17分11秒で2年連続7回目の頂点に立った。男子コザ1区(10キロ)の兼次祐希は30分59秒で、12年ぶりに区間記録を更新した。優勝した両校は全国大会(12月25日、京都府西京極陸上競技場発着)への出場権を獲得した。男女上位3位までは全九州大会(19日、長崎県雲仙市、南島原市)に派遣される。◆浅井 最終区ごぼう抜き/那覇西 今年のレース目標は“大股ドス...    
<記事全文を読む>