男子第69回、女子第31回県高校駅伝競走大会は3日、佐野市運動公園陸上競技場周回コースで行われ、男子は佐野日大が3年ぶり15度目の優勝。女子は白鴎足利が3連覇した。

 7区間42.195キロで争われた男子は、佐野日大が2時間9分28秒で頂点に立った。1区で先頭に立ち、2区以降も順位をキープした。3連覇を狙った那須拓陽は1区で走路違反があり、無念の失格となった。

 女子は5区間21.0975キロで争われ、白鷗足利は1区で序盤から飛び出し、2番手に45秒差をつけてたすきをつないだ。2区でさらにリードを広げると、3区以降も先頭を明け渡すことなく1時間11分57秒で女王の座を守った。

 男女...    
<記事全文を読む>