第68回県高校駅伝大会は2日、雲仙小浜マラソンコース(男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロ)に男子45、女子28校が出場して行われ、男子は鎮西学院が2時間10分38秒で17年ぶり13度目、女子は諫早が1時間10分41秒で22年連続23度目の頂点に立った。男女優勝校は全国大会(12月25日・京都市)に出場する。

 男子の鎮西学院は1区小林が2位と10秒差の首位で発進すると、その後も区間1、2位と安定したリレーでトップを独走。最後は2位に1分1秒差をつけてフィニッシュした。女子の諫早は1位と9秒差の2位スタートから、徐々に差を詰めた。3区松田が残り1キロ付近で先頭...    
<記事全文を読む>