男子短距離界のホープと期待される京都・洛南高2年の宮本大輔(山口・周陽中出)が順調な成長を見せている。100メートルで今夏の高校総体と10月上旬の国体陸上少年男子Aの2冠を達成。高校の先輩でリオデジャネイロ五輪男子400メートルリレー銀メダルの桐生祥秀(東洋大)を目標に「一緒に日本のトップで走りたい」と背中を追う。

...    
<記事全文を読む>