バスケットの全国高校選抜優勝大会京都府予選は15日、男子の府代表を決めるチャレンジマッチを太陽が丘体育館で行い、洛南が129-61で福知山成美に大勝して、17年連続40度目の全国高校選抜優勝大会出場を決めた。京都からは、今夏の全国高校総体に準優勝し今予選も制した東山が主催者推薦枠で出場。男子は2校が、12月23日に東京で開幕する本大会で冬の頂点に挑む。

 洛南は第1クオーター(Q)から3点シュートを次々と決めて大きくリード。守備も後半に調子を上げ、第3Qは相手を9得点に押さえ込んだ。福知山成美はシュートの早打ちやミスが目立ちリズムをつかめなかった。

...    
<記事全文を読む>