バスケットボールの全国高校選抜優勝大会道予選最終日は13日、函館アリーナで男女の決勝を行い、男子は東海大札幌高が85―56で札日大高を破って2年ぶり32度目の優勝を飾った。女子は札山の手が北星女を105―76で下して27年連続35度目の栄冠を手にした。優勝校は12月23日から東京で行われる全国大会に出場する。

...    
<記事全文を読む>