バスケットボールの全国高校選抜優勝大会(ウインターカップ)県予選は最終日の6日、名張市夏見のHOS名張アリーナで男女準決勝、決勝があり、男子は四日市工が6年連続30回目の、女子はいなべ総合が初優勝を果たした。男女優勝校が12月23日、東京体育館で開幕するウインターカップに出場する。

 男女とも今年夏の全国高校総体(インターハイ)出場校が制した。四日市工は決勝で海星を第2クオーターから突き放して_―59で快勝した。いなべ総合は決勝で6年連続のウィンターカップ出場を目指した四日市商に66―61で競り勝った。第4クオーターで四日市商に攻守で粘られ、競り合いに持ち込まれたが最終盤に再び突...    
<記事全文を読む>