第95回全国高校サッカー選手権県大会の決勝が二十日、さいたま市の埼玉スタジアム2002であり、正智深谷が1-1の末に突入したPK戦で、浦和南を破り、2年連続3度目の優勝を果たした。正智深谷は十二月三十日から開幕する全国大会に出場する。

 (牧野新) 試合は序盤から正智深谷が主導権を握る展開に。サイドチェンジを多用し、サイド突破から何度も中央にクロスを送った。

 後半12分、右サイドからゴール前でボールを受けた正智深谷の田島帆貴(ほたか)選手(三年)のパスに反応した新井晴樹選手(同)が右足を振り抜き、先制点を奪った。

 浦和南は終了間際の後半ロスタイムに山口翔大選手(二年)が右サイドか...    
<記事全文を読む>