浜松開誠館はまたも全国切符に手が届かなかった。「エコパの借りはエコパで返す」。県総体決勝で敗れた悔しさを胸に初の決勝に臨んだが、あと一歩届かなかった。

 持ち味の縦に速い攻撃を存分に発揮した。前半39分に手数を掛けないサイド攻撃で一気にゴールを陥れ、後半9分に三浦が決めて勝ち越した。一度は勝利をつかみかけた。

 しかし、28、36分に連続失点。青嶋監督は「人数はそろっていたが、個人でかわされた。力負け」と振り返る。須貝も「相手にスペースを与えてしまった」と悔やんだ。

 静岡県総体決勝は今年も昨年も零封負けだった。青嶋監督は「追い付いたことと逆転できたことは大きな収穫。一つ一つ階段は上...    
<記事全文を読む>