力と力、執念と執念が真正面からぶつかり合った。藤枝明誠が、テーマに掲げる「超攻撃的サッカー」で浜松開誠館を再逆転した。「最後は『勝ちたい』という気持ちが少し勝ったのでは。選手が本当によくやった」と普段は辛口の松本監督もたたえるしかなかった。

 前線に個性的な選手を配置し、時には4トップの形で相手ゴールになだれ込むスタイルを貫いた。決勝はエースの藤本にマークを引きつけ、2列目から遠野らが抜け出した。開誠館の猛攻にはシュートコースを限定させた守備で対抗し、前半にPKを止めたGK秋山は「体を張った守備陣に助けられた」と感謝した。

 「全国で戦うにはもっと意識を高めないと。静岡のチームとし...    
<記事全文を読む>