サッカーの第25回全日本高校女子選手権東北地域大会は13、14日の両日、盛岡市のいわぎんスタジアムで準決勝、3位決定戦、決勝を行い、県勢は準決勝で敗れた専大北上が3位決定戦を制し、上位3校に与えられる全日本選手権への出場権を獲得した。県勢の同選手権出場は初めて。

 専大北上は準決勝で聖和学園(宮城)に1―2(前半0―0)で惜敗。明桜(秋田)との3位決定戦は前半28分、DF昆冴香(2年)のクロスにMF三浦佳奈(同)が頭で合わせて先制した。後半5分にMF渡辺春香(3年)のロングシュート、ロスタイムに途中出場のFW安藤百合香主将(同)が決め3―0(前半1―0)で快勝した。

 決勝は常盤木...    
<記事全文を読む>