サッカー女子の第25回全日本高校選手権大会の予選を兼ねた関東選手権大会第2日は13日、準々決勝が横浜市泉区のかもめパークなどで行われた。神奈川1位の湘南学院は2-2で入ったPK戦の末に修徳(東京)を破り、同2位の星槎国際も2-0で花咲徳栄(埼玉)を下して、両校とも上位7チームに与えられる全日本選手権大会の出場権をつかんだ。

 湘南学院は延長後半7分に2-2に追い付かれたが、PK戦を5-4で制した。星槎国際はMF斉藤美岬(2年)とFW高井咲都(1年)のゴールで快勝した。

 第3日は19日、準決勝2試合などが行われ、湘南学院は前橋育英(群馬)、星槎国際は十文字(東京)と決勝進出を懸けて...    
<記事全文を読む>