第95回全国高校サッカー選手権県大会(大分合同新聞社後援)最終日は12日、大分市の大分銀行ドームで決勝があった。

 前回大会と同じ顔合わせとなった一戦。大分が4―1で大分西を下し、2年連続9回目の栄冠を手にした。大分は全国選手権(12月30日開幕・関東各地)の出場権を獲得した。組み合わせ抽選会は21日、東京である。攻撃緩めず4ゴール 大分が攻撃力で圧倒し、2年連続で頂点に立った。川崎元気監督は「狙い通りの望んでいた展開。一番良い試合だった」と静かに喜びをかみしめた。

 先制してペースをつかんだ。序盤は押し込まれる場面もあったが、前半17分に相手ペナルティーエリア近くで得たFKのこぼ...    
<記事全文を読む>