サッカーの第95回全国高校選手権県大会(県サッカー協会、岐阜新聞・ぎふチャン主催)最終日は12日、長良川球技メドウで決勝を行い、中京が各務原を3―2で下し、36年ぶり2度目の優勝を果たし(初優勝時は三岐大会で敗退)、初の選手権切符を獲得した。

 中京は前半に2分、26分とゴールを決め、優位な展開に持ち込んだ。後半には立ち上がりに1点を返されるも、16分に優勝を引き寄せる3点目を決めた。各務原は、後半34分に1点差に追い上げたが及ばず、2連覇を逃した。

 全国選手権は12月30日に、さいたま市の埼玉スタジアム2002ほかで開幕。今月21日に組み合わせ抽選会が行われる。
<記事全文を読む>