第95回全国高校サッカー選手権大会栃木大会(下野新聞社など後援)は12日、県グリーンスタジアムで決勝を行い、佐野日大が3-1で宇短大付を下し、4年ぶり8度目の優勝を飾った。

 佐野日大は前半7分にFW大熊啓太(おおくまけいた)のゴールで先制。同点で迎えた後半5分は、大熊が再びゴールを決め勝ち越した。佐野日大はその後も優位に試合を運び、宇短大付を退けた。

 宇短大付は、前半14分にMF町山敦史(まちやまあつし)のゴールで同点に追いつく粘りを見せたが、以降は相手の堅い守りになかなか決定機をつくることができなかった。

 全国高校選手権は12月30日に東京都の駒沢オリンピック公園総合運動場陸...    
<記事全文を読む>