第95回全国高校サッカー選手権県大会(県サッカー協会、県高体連、静岡新聞社など主催)は13日、エコパスタジアムで準決勝の清水桜が丘―浜松開誠館、静岡学園―藤枝明誠を行う。4校ともプリンスリーグ東海所属で第1シード。意地がぶつかり合う熱戦となりそうだ。

 清水桜が丘と浜松開誠館は、縦の速さを生かしながらボールを動かすスタイルは共通する。今季のプリンスリーグでは浜松開誠館が2勝している。

 清水桜が丘は2年エース白井を軸に攻撃が多彩。決勝トーナメント2試合は接戦を勝ち上がってきた。司令塔の出水主将が累積警告で出場できないが、伝統の粘り強さではね返すつもりだ。

 県総体準優勝の浜松開誠館は...    
<記事全文を読む>