サッカーの兵庫県高校選手権(神戸新聞社後援)最終日は、13日午後1時からノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)で決勝を行う。12月30日に首都圏で開幕する全国高校選手権への出場権を懸け、2年ぶり19度目の優勝を目指す滝川第二と初制覇を狙う市尼崎が対戦する。両校のこれまでの戦いぶりとキーマンを紹介する。

 県総体覇者の滝川第二は、平均得点4.5、同失点0.5と力の差を見せつけてきた。準決勝の報徳戦は守勢からロングボールで背後を突き、流れを引き寄せた。速く、強く、激しいプレーでシンプルな組み立てから違いを生み出す。

...    
<記事全文を読む>