6日、青森市の県総合運動公園陸上競技場で行われた全国高校サッカー選手権県大会決勝は、青森山田が序盤から得点を重ね、攻守ともに八学光星を圧倒。4-0で勝ち、大会の連続優勝記録を「20」に伸ばした。決勝は2年連続の同カード。青森山田は試合開始早々、FW鳴海が相手の最終ラインをすり抜けて先制点を挙げると、前半終了間際にも鳴海が加点。リードして迎えた後半にもチームは2点を追加し、終始危なげなく試合を進めた。

...    
<記事全文を読む>