第95回全国高校サッカー選手権青森県大会は6日、青森市の県総合運動公園陸上競技場で決勝を行い、青森山田が4―0で八学光星を下して20年連続22度目の優勝を果たした。青森山田は12月30日開幕の全国大会に出場する。

 前半2分、鳴海彰人が先制点を奪うと、38分には鳴海が2点目のゴール。後半も点差を広げ、無失点で勝利を収めた。光星は何度もシュートをしたが、GKの好セーブに阻止された。

 全国大会の組み合わせ抽選会は11月21日に実施される。

...    
<記事全文を読む>