高校サッカーの第95回全国選手権県大会最終日は6日、群馬県前橋市の正田醤油スタジアム群馬で決勝が行われ、前橋育英が2―1で前橋商を下して3年連続20度目の栄冠をつかんだ。主導権を握りながらも前半に先制を許し、後半に底力を発揮して逆転した。育英は12月30日に開幕する全国選手権(埼玉スタジアムほか)に県代表として出場する。組み合わせ抽選会は11月21日に都内で開かれる。

 ▽決勝前橋育英 2(0―1)1 前橋商      (2―0) ▽得点者【育】飯島(後半23分)渡辺(同29分)【商】星野(前半23分) ○…前橋育英は1点を追う後半23分、FW飯島が巧みなトラッ プから左足でシュ...    
<記事全文を読む>