第95回全国高校サッカー選手権県大会最終日は6日、盛岡市のいわぎんスタジアムで決勝を行い、遠野が専大北上に5-2(前半0-2)で逆転勝ちし、4年連続26度目の優勝を果たした。

 遠野は2点リードされた後半3分にDF五嶋一樹(3年)、9分にFW佐々木琢光(たくみ)(同)が決めて同点に追い付いた。31分、MF佐々木渓人(けいと)(2年)のシュートで逆転すると、なおも2点を加えて突き放した。4年ぶりに決勝に進んだ専大北上は、前半10分にMF畠山侑希(ゆうき)(2年)のゴール、15分にはMF小野寺拓海(たくみ)主将(3年)のPKでリードしたが逃げ切れず、初優勝を逃した。

 全国選手権は組み...    
<記事全文を読む>