全国高校サッカー宮城県大会は5日、仙台市泉区のユアテックスタジアム仙台で決勝が行われ、聖和学園が初優勝を狙った仙台商を4-3で破り、3年連続4度目の全国大会出場を決めた。

 聖和学園は原科勇我の3戦連続となるゴールや大八木隆斗の2得点などで主導権を握り、終盤に猛反撃を見せた仙台商を1点差で振り切った。

 全国大会は12月30日から東京・駒沢陸上競技場など首都圏で開催される。決勝は来年1月9日、さいたま市の埼玉スタジアム2002で行われる。組み合わせ抽選会は11月21日にある。◎ドリブルで突破口 ▽決勝聖和学園 4/2-0/3 仙台商       2-3▽得点者【聖】原科、大八木2、...    
<記事全文を読む>