「ここで負けるわけにはいかなかった」。郡山市の西部サッカー場で5日に行われた、第95回全国高校サッカー選手権福島県大会決勝。3連覇を成し遂げた尚志は、この大会の初戦から決勝まで無失点で頂点に輝いた。相手を圧倒する球際の強さに加え、ある敗戦をきっかけに基礎を見直したイレブンの姿勢が実を結んだ。

...    
<記事全文を読む>