第95回全国高校サッカー選手権大会栃木大会(下野新聞社など後援)は5日、県グリーンスタジアムで準決勝を行った。夏の全国高校総体県予選の覇者で大会4連覇を狙った矢板中央は0-1で宇短大付に惜敗。佐野日大は1-0で真岡に競り勝った。

 宇短大付は立ち上がりから矢板中央の猛攻に遭ったが、前半23分にカウンターからMF町山淳史(まちやまあつし)のゴールで先制。後半30分にGK藤塚寛晃(ふじつかひろあき)がPKを止めるなど、その後は全員守備で1点を守り切った。

 佐野日大は、前半15分にFW長崎達也(ながさきたつや)からのスルーパスにDF梅沢崚(うめざわりょう)が左足で合わせ先制。守備陣も最...    
<記事全文を読む>