第95回全国高校サッカー選手権大会県大会(県サッカー協会、県高体連、静岡新聞社など主催)は5日、草薙陸上競技場とアイスタ日本平で準々決勝4試合を行う。第1シードで順当に勝ち上がった静岡学園、浜松開誠館、藤枝明誠、清水桜が丘に実力校や伏兵が挑み、見応えのある試合が予想される。

 準決勝は13日、決勝は19日にエコパスタジアムで行う。

 新人大会、総体を制し、全国総体8強の静岡学園は富士市立と顔を合わせる。静岡学園は決勝トーナメント1回戦の静岡城北戦は1―0だったが、勝負強さは際立つ。富士市立は夏のSBSカップ国際ユース県選抜の青野、石田らを軸に相手の守備を崩したい。

 ノーシードで唯一...    
<記事全文を読む>