全国高校サッカー選手権埼玉大会(埼玉新聞社など後援)は5、6日の両日、浦和駒場スタジアムで準々決勝を行う。昌平―武南、大宮南―正智深谷、西武台―埼玉平成、浦和南―聖望学園の組み合わせで、各試合の見どころを探った。■昌平―武南 高校総体3位の昌平と県S1リーグ首位の武南の実力校対決。決勝カードでもいいくらいで攻撃重視の展開を予想する。

 昌平は攻守ともにそつがない。J1入りが決まっている松本と針谷、本間を擁する攻撃陣は県内屈指。守備にも隙はない。武南は1回戦から3試合で17得点をマークして圧倒的。4得点のFW加藤らは強力で、支える守備は今大会無失点中だ。■大宮南―正智深谷 2連覇を...    
<記事全文を読む>