サッカーの第25回全日本高校女子選手権(12月30日開幕)の組み合わせ抽選会が27日、東京都内であり、四国第1代表の鳴門渦潮は1回戦で、東海第3代表の聖カピタニオ(愛知)と対戦することが決まった。鳴門渦潮は5年連続5度目、聖カピタニオは3年ぶり6度目の出場で、試合は12月30日午前10時半から兵庫県洲本市の五色台運動公園メイングラウンドで行われる。

 大会には32校が参加し、2連覇を狙う藤枝順心(静岡)は開志学園(新潟)と対戦する。決勝は来年1月8日午後2時10分から神戸市のノエビアスタジアム神戸で行われる。

...    
<記事全文を読む>