ラグビーの兵庫県高校総体を兼ねた第96回全国高校大会兵庫県予選(神戸新聞社後援)最終日は23日、神戸市須磨区のユニバー記念競技場で決勝があり、報徳が43-5で関学に快勝し、2年ぶり43度目の栄冠に輝いた。

 FWとバックスが連動した報徳が7トライ、43得点。守っても1トライにとどめる完勝で、名門が王座に返り咲いた。西條監督は「プラン通り。自信を持ってやりたいことをやってくれた」と選手をたたえた。

...    
<記事全文を読む>