ラグビーの第96回全国高校大会県予選最終日は23日、県総合運動公園球技場で決勝を行い、第1シード松山聖陵が第2シード北条を53―19で下し、39年ぶり2度目の優勝を果たした。

 松山聖陵は15―12で折り返した後半、6トライを決めて北条を突き放した。

...    
<記事全文を読む>