兵庫県高校総体を兼ねたラグビーの第96回全国高校大会県予選(神戸新聞社後援)最終日は23日午後1時から、神戸市須磨区のユニバー記念競技場で報徳-関学の決勝を行う。両校による決戦は8年連続。勝つのは王座奪還を目指す報徳か、2連覇を狙う関学か。

 報徳はプロップ栗原主将を中心に強力FW陣とWTB石川ら快足バックス陣を擁して手堅く勝ち上がった。関学はCTB冨岡主将を中心に組織力を生かしたプレーで得点を重ね、プロップ金子らFW陣がセットプレーで粘りを発揮してきた。

...    
<記事全文を読む>