ラグビー女子の第3回全国選手権(高校生の部)が23日、東京・江戸川区陸上競技場で関東、関西、九州の3地域対抗のリーグ戦で行われ、群馬県のフランカー須田澪奈(明和県央)と2年生のWTB高村真由(大泉)が関東選抜の一員として栄冠を目指す。

 2人は今夏の全国高校女子合同チーム大会(コベルコカップ)でも関東チームに入り、ともに決勝はフル出場して優勝に貢献した。今季二つ目の主要タイトル獲得に意欲を燃やしている。プロフィルすだ・れいな 1998年8月生まれ。3年。フランカー。高崎中川小―高崎中尾中。高崎ラグビークラブで5歳から競技を始め、関東選抜は常連。161センチ。55キロ。たかむら・ま...    
<記事全文を読む>