全国高校ラグビー大会県予選(県高校体育連盟など主催、山口新聞社共催)は20日、長門市の俵山スパスタジアムで決勝があり、山口が14―5で高川学園を下し、64年ぶり4回目の全国大会の切符を手に入れた。山口は前半6分にラックからLO佐藤伝泰がトライし先制。前半終了間際にもラインアウトからモールで押し込み、FL藤井陽輝主将がトライし、試合を優位に進めた。高川学園は前半19分にモールからNO8西村龍太主将のパスを受けたCTB藤井優希がトライし2点差にまで詰め寄った。しかし、山口の堅い守りを崩すことができず、後半無得点に抑え込まれてノーサイドとなった。全国大会は12月27日から大阪府東大阪市...    
<記事全文を読む>