ラグビーの第96回全国高校大会県予選最終日は20日、ニッパツ三ツ沢球技場で決勝が行われ、桐蔭学園が慶応に17-14で逆転勝ちし、2年連続15度目の優勝を飾るとともに12月27日に大阪・東大阪市の花園ラグビー場で開幕する全国大会の出場権を獲得した。

 桐蔭は5-7とリードされて前半を折り返したが、後半11分にSO山田雅也(3年)のトライで逆転し、23分にもロック高橋広大(同)のトライで追加点を挙げた。27分に3点差に詰め寄られたものの、粘る慶応を振り切った。

...    
<記事全文を読む>