◇決勝 流経大柏54-7専大松戸 第96回全国高校ラグビー県大会は十九日、柏の葉公園総合競技場で決勝が行われ、流経大柏が54-7で専大松戸を下し、二十二年連続二十四回目の優勝を決めた。流経大柏は来月二十七日から大阪府の東大阪市花園ラグビー場で開催される全国大会に出場する。

 流経大柏は、強力なFWで試合の流れをつかんだ。先制された直後の前半12分、ゴール前のラインアウトからモールを作り前進。ボールを受けたCTB中川彪流(たける)主将(三年)がトライ。自らコンバージョンも決め追いついた。14分にはハーフウエーライン付近でこぼれ球を奪い、右に展開。ボールを受けたWTB安藤諒(りょう)...    
<記事全文を読む>