ラグビーの兵庫県高校総体を兼ねた第96回全国高校大会兵庫県予選(神戸新聞社後援)は13日、神戸市須磨区のユニバー記念競技場で準決勝2試合があり、2連覇を目指す関学と、2年ぶりの王座奪還を狙う報徳が決勝に進んだ。両校による決勝対決は8年連続。

 関学は後半に3トライを挙げて逆転し、19-7で神戸科技を破った。報徳は9トライの猛攻で57-10で甲南に快勝した。決勝は23日午後1時から同競技場で行われる。

...    
<記事全文を読む>