ラグビーの第96回全国高校埼玉大会(埼玉新聞社など後援)第5日は12日、準決勝を行い、決勝進出校が決まる。対戦カードは浦和―慶応志木(12時)、深谷―熊谷工(13時30分)。実力伯仲の準決勝を展望した。■浦和―慶応志木 ともにFWが絶対的な軸でモールを有効に使う。不要な反則をなくし、マイボールキープを長くすることが勝利への絶対条件。1月の県新人大会では慶応志木が12―10で競り勝ったが、夏を越え浦和の成長は著しい。

 【浦和=FW平均身長177・3センチ、同体重84・2キロ】 出足の鋭いタックルで防御することが肝心。身長194センチの矢崎、同180センチの島田と長身ロックを軸にセ...    
<記事全文を読む>