高校ラグビーの第96回全国大会群馬県予選は13日午前10時半から前橋市の県営ラグビー場で決勝が行われ、8年ぶりの栄冠を目指す農大二と、4連覇を狙う明和県央が花園切符を懸けて争う。両校による決勝は3年連続10度目。成績だけを見れば新人戦、県総体と2冠の農二に分がありそうだが、両大会とも準優勝の県央もチーム力は上がっており、大きな力の差はなさそうだ。例年にも増して好勝負が期待される。 ◎自慢の攻撃力仕上がり順調…農大二  2勝を挙げた春の全国選抜大会後に指導陣が総入れ替えとなり、影響が懸念された農大二だが、斎藤泰勝新監督の下でも伝統の「ランニングラグビー」がぶれることはなく、仕上が...    
<記事全文を読む>