第96回全国高校ラグビー大会県予選第2日は5日、栃木市運動公園陸上競技場で準決勝2試合を行い、佐野日大が98-7で佐野に快勝、国学栃木が172-0で足工大付に圧勝し、決勝に駒を進めた。

 佐野日大は前半開始1分、ナンバー8工藤時生(くどうときお)が先制トライ。その後も試合の主導権を握り合計14トライを奪うと、フルバック大内錬(おおうちれん)もコンバージョンゴールを全て成功させた。佐野はフッカー木村将人(きむらまさと)が前半8分にチーム唯一となるトライを決めたが及ばなかった。

 優勝候補筆頭の国学栃木は足工大付に反撃の隙を与えず、ウイング竹ノ内建太(たけのうちけんた)を中心に26トラ...    
<記事全文を読む>