ラグビーの第96回全国高校大会県予選兼第8回大見杯争奪大会の決勝は4日、読谷村陸上競技場で行い、名護が30-19でコザを制し、3年ぶり16度目の優勝を手にした。名護は前半、15-5と試合を優位に進めて折り返した。FW陣のパワープレーから着実に得点を稼ぐと、バックスの俊足を生かして迫るコザの猛攻を要所でつぶし、リードを保ったまま逃げ切った 名護は12月27日から東大阪市の花園ラグビー場で開幕する全国大会に県代表として出場する。組み合わせ抽選会は同3日。

...    
<記事全文を読む>