全国高校ラグビー大会県予選は三日、金沢市営球技場で決勝があり、日本航空石川は鶴来に大勝し、十二年連続の花園出場を決めた。

 航空石川は前半4分、トンガからの留学生でナンバー8のアシペリ・モアラ選手(二年)が先制トライを決めると、前半で計4トライ、2ゴールで24-7と大幅にリード。

 冷たい雨が激しく降る中迎えた後半も、モアラ選手や同じく留学生のシオサイア・フィフィタ選手(三年)を中心に、順調にトライを重ねた。

 全国大会は、十二月二十七日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕する。

 (岡本真穂)

...    
<記事全文を読む>