第7回全国高校選抜クライミング選手権大会県予選会は30日、多久高で3部門があり、男子エキスパートの部は※鶴本直生(多久)が優勝、同ミドルは村上喬一郎(佐賀工)、女子は岸川弓子(多久)がそれぞれ制した。

 全国選抜大会出場選手には、男子が日本山岳協会推薦選手の※鶴本のほか、エキスパートの部2位の中武凌雅(佐賀星生学園)と同3位の中園龍成(佐賀工)、県団体枠の伊東蒼史(佐賀工)を選出。女子は岸川と渡島奈緒(多久)が選ばれた。

 【男子】エキスパート (1)※鶴本直生(多久)(2)中武凌雅(佐賀星生学園)(3)中園龍成(佐賀工)▽ミドル (1)村上喬一郎(佐賀工)(2)荒谷響(多久)(3...    
<記事全文を読む>